2009年09月17日

大呑は釣り日和

 大呑の海岸では、今あおりいかが釣れだしたようで、週末になると大勢のアングラーでにぎわっている。これから10月・11月がシーズンで、時には大物もあって楽しみもだ。

 大呑を走る国道160号線沿いの、各漁港の防波堤から狙え、足場も良く最近は女性のアングラーも見かける。

 氷見から七尾市鹿度島までのマップをご覧ください。 こちらから>>>  。
 また、漁港航空写真(第九管区海上保安本部)からも見れます。

 天候によっては、富山湾に浮かぶ立山連峰を見ることができ、のんびり出来る癒しのポイントです。 立山連峰
posted by 大呑@Shun at 10:28| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

大呑ってどんなとこ?

大呑ってどんなところ?
 
石川県は七尾市の富山湾に面した地域、石道山系の東側の地域で北大呑・南大呑からなるところです。
 
大呑地域または灘浦地区とも呼びます
 
 南大呑、北大呑合わせて750世帯、人口にして約2,500人程度のところです。南大呑の南端の町大泊は富山県との県境の町です。
 
 主な産業は漁業と農業で、
 
 農業は、石道山系の丘陵地の棚田で水稲が行われています。
 生産量は限られていますが石道山系から流れ出るクリーン水が育んだ米はどこに出しても恥ずかしくない米です。今年度は大泊町の棚田で収穫された米には、大泊米の表示が貼られ出荷されます。どこかで見かけたら大泊りを思い起こしてください。
 
 漁業は、日本海側でも最大級の定置網を有する地域でブリ漁の盛んな地域です。水揚げされたブリは主に隣の氷見の市場に運ばれ氷見ブランドで商いされてしまいます。
 現在、北大呑の佐々波町の(株)佐々波鰤網ではぶりの里として広報活動を繰り広げています。また、NHK経済羅針盤で、佐々波鰤網が紹介されました。ご覧になった方も多いと思います。
 
 佐々波鰤網の他にも、岸端定置網組合、寒鰤大敷の定置網がありブリを水揚げしております。築地、黒門市場で見かけるブリも、ここで水揚げされたものかも知れません。
 もしかして、次は佐々波ブランドで市場に並ぶかも・・・・・・・?
 
 大呑ってこんなところ・・・・・!これから少しずつ紹介していきます。
posted by 大呑@Shun at 13:05| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

小さな町から賑わい創り

100戸足らずの小さな町、
そんな小さな町でも一生懸命に賑わいを創ろうと取り組んでいます。

先月ですが伊藤敏博さんに来ていただき、コンサートが開催された。

お盆のイベントと言うことで、毎年盆踊りを開催している。その特設会場で、今年は伊藤敏博さんの歌声をまじかで聞いてもらおうと企画してくれ、老若男女、町民みんながお盆のひと時を楽しんだ。

伊藤さんは、わたし達の町の、ちょうど対岸の町の出身と言うこともあり親しみもあり、また、わたし達になじみのある話題で会場を盛り上げてくれた。



その時の、模様を少し動画でアップしました。
曲「さよなら」(ライブステージ)を見る。(Flash動画)少し容量が大きいですがご覧ください。

リンクのサイトは今回この企画を開催した地域づくりのグループのサイトです。

おおとまり なずみ会 ホームページ:http://nazumi.jp
posted by 大呑@Shun at 04:31| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

大泊朝市「朝ぎり市」

朝市

大呑、大泊町で開催される朝市「朝ぎり市」

今年の5月から定期的に開催されるようになりました。
大呑で採れた、鮮魚(もちろん朝獲れ)野菜、等々新鮮な品物が並びます。そのほかお勧めは、地元の漁師、農家で作った手作りの加工品、中にはほかでは手に入らない逸品も並べられたりします。

開催日:毎月第二日曜日
開催時間:午前10時〜正午
photo_20080608_0549.jpg photo_20080608_0548.jpg

魚を持ってきた人が野菜を買ったり、その逆の野菜を持ってきた人が魚を買っていく。これこそ、地産地消、顔の見える関係だから安全で、安心。こうして人々のコミュニティーが図られている。
posted by 大呑@Shun at 02:30| 石川 ☔| 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

春祭り

先日のお届け物
草鞋を履いて獅子舞を舞う春祭りの日

草鞋を履く
posted by 大呑@Shun at 18:51| 石川 ☀| 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

届け物

かわったものが届きました。
わらじ
近くに住むおばちゃんから子供にと届けてくれました。
作る人も少なくなりましたがこれを履く機会もなくなりました。

明日は、一年に一度の草鞋を履く時です。
履いている写真をまたアップします。
posted by 大呑@Shun at 13:42| 石川 ☀| Comment(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

06年 春の恵み

大呑にも春の訪れが
各町では今年も自然の恵みを願って春祭りが行われている。
まだまだ、花冷えの日があるが、日一日と日差しのぬくもりを感じる。

日も長くなり木々も春の訪れを感じ取っている。

この頃なかなか庭に出る時間ががなくなり、感じる機会がなかったが
先日、裏庭でわさびの花が咲いているの見つけた。

今度の休みには春を摘んで味わって見たい。
posted by 大呑@Shun at 03:05| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

大呑の棚田

日本各地に棚田は点在する。
維持も管理もままならない状態で荒れていくのを待つしかないところが多い。
ここもその中の一つではないだろうか。

採算ベースに乗らない山間部の水田、担い手がいない状態は何処も同じだ。
ところによっては棚田オーナー制度、観光農園、水田として生き残り策を見つけようとしているところも在る。
これも行政と地域が一体となって初めて出来る事業だ。
そんな事業にも乗れない、国の政策の恩恵にもあずかれないところ。
どうすれば守っていけるのだろうか。

棚田
posted by 大呑@Shun at 18:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

自然の恵み

雨も上がり草木も行き勢いよい良く伸びようとしている。

ちょっと目を離すと野菜も収穫時期を逃してしまう。

野菜畑
おふくろが留守にしていて3・4日畑に出ていない。
畑を覗いてみると絹さや(さやインゲン)が大きくなっている。

たくさんあるが全部とっても食べきれない、今晩食べる分だけつんでくる。

きぬさや

旬の野菜を必要な分だけ収穫していただく。
posted by 大呑@Shun at 11:25| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

自給自足

海、畑、山
ここは、自然の恵みの宝庫
太陽の恵みをたっぷり受けた野菜
ほうれん草畑
農家では自給自足
必要な分だけ作り、収穫そして食卓に並ぶ。
posted by 大呑@Shun at 19:22| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大呑から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。